LOG IN

「window」ーキルギス・カラコル

by 清水久美子

なんだかとても窓が気になった、キルギス・カラコル市。

似たような窓なのに、パーっと光ってるような目を引く明るい窓がたまにあって、

ピンポーンとインターホンを押してふらっと家の中に入ってみたくなる。

あきらかに傾いてる家も多かったし、物置のような質素な家もあった。

お金持ちだからとかセンスがいいからとか、たぶん関係ない。

光りを放つ窓の住人はきっと美しい人々で、あたたかい家庭を築いてるに違いない。

そんなことを思ったカラコルでの散歩道。

OTHER SNAPS